雪陵会とは

雪陵会とは

 雪陵会は、都立日比谷高校の校外行事であるスキー教室で、 スキーインストラクターをするボランティア団体です。 1956年(昭和31年)にスキー合宿参加者によるOB会として発足しました。 メンバーは日比谷の卒業生で構成され、 社会人となった雪陵会OB・OGに支えられながら、 大学生が主体となって日々活動しています。

 スキー教室ではスキーを教えるだけでなく、松明滑走やキャンプファイヤーなどのイベントを通して、スキー教室全体を盛り上げます。また雪のある季節だけではなく、年間を通して活動しています。オフシーズンの活動は、基本的に毎週土曜日です。前期はみんなでトレーニングをしたり、松明滑走用の松明を作ったりします。後期はスキー技術や指導法の勉強、安全対策などについてのミーティングを行っています。シーズンに入ると、まず12 月にメイン活動となるスキー教室があり、2月と3月にも技術向上のための合宿があります。5月の連休には新歓合宿、夏季休業期間には夏合宿を行います。和気あいあいとした雰囲気で、ときには真剣に、楽しく活動しています。

 スキーを通して母校を愛し、伝統を受け継ぎながらも、常に新しいことに挑戦していく。 それが、われわれ雪陵会です。

沿革

編集中

リーダーより

 こんにちは!2022年度雪陵会リーダーを務めます、平成29年卒の金子広季です。

 私たち雪陵会は日比谷高校の卒業生による団体で、 日比谷高校の行事の1つであるスキー教室の運営を主たる目的として年間を通じて活動しています。 毎年、100人程度の参加者を迎え、長野県志賀高原熊の湯・横手山スキー場にて 12月にスキー教室を開催しております。

 講習では、初心者から経験者まで、自分のレベルに合った講習を受けることができます。 また、講習だけではなく、山頂アタックや雪陵会員による松明滑走、キャンプファイヤー、 デモンストレーションなどといった楽しい企画も行っています。 普段あまり関わりがない人たちや、私たち雪陵会との交流、 そして雪山という非日常的な空間。忘れられない4日間になること間違いなしです。

 昨年一昨年とスキー教室が中止となり我々の活動自体も制限される中、既に今年のスキー教室に焦点を当てて準備を進めてきました。今年こそスキー教室が行われることを心から願っております。

令和4年度リーダー 金子広季